ピックアップニュース

2018.09.19

お悩み相談~子どもの悩み

Q  小学2年生の息子は個性的な物が好きで、学校で使う物も周りの子とは違った色やデザインの物を欲しがります。集団生活の中で、これがこの先いじめの対象にならないか心配です。

 子どもは、なぜか友だちと同じ物を選びます。それは友だちと一体感を感じていたいから。そして、同じ物を持っていると一緒に遊べるからです。でも、そういう子ばかりではなく、あなたのお子さまのように自分の意思で自分の欲しいもの、好みのものを欲しがる子もいますし、すべて横並びでないといじめの対象となるとは限りません。まだ2年生。これからいじめられない子に育てて行くのもお母さまの役目です。「自分は大切な存在」「自分は愛されている」という自己肯定感の高い子は、嫌な事をされた時「イヤ」と言えます。そして、子どもが自分ひとりで問題を抱え込まずに話せるような環境を作ってあげてください。また、社会や学校のルールを守ること、相手の気持ちを考えられる事も大切です。このような事を教えていけば、多少個性的なものを持っていても、その子の個性として受け止められ、周りと仲良くやっていけるのではないでしょうか。

法務相談のほかにも心の相談にもお答えします。
お気軽にご連絡ください。